水 と カロリー

水、意識して摂取中。

IMG_0367

というのも体質を改善したいから。
人間の体の水分は年齢にもよるが大半が水である。
産まれたての赤子の水分の量というのは9割にもなる。
そこから年をとるにつれ水分量というのは減っていくが、自分の年齢(41歳)であれば6割ほど、
もしくはそれ以上が水分である。70歳を超えてくると5割程度になる人もいる。
水分についてはどれだけ大事かというのを再考し、意識して上から水をいれてデトックスしながら
体を動かして、カロリー消費して、ダイエットしていこうという考えでいるのである。

今朝の体重は66.4キロ。最近はこのあたりをいったりきたりしている。
66.4キロの体重の6割が水で出来ていると仮定すると39.84キロが水だ。
※1リットル=1キロという単純計算をすると体重66キロのうち40キロが水ということ。
長距離ランをした後に走る前よりも体重が2キロやせた!
サウナにこもって1.5キロ体重が落ちた!
この体重減はただ体内の水分が減少しただけ。
私で言えば40リットルの体内の水が38リットルになってその分表示される体重が減っただけ。
2リットルもの水が外に出たのであれば、この時点で脱水症状である。
体は体を正常に保つ為の水分をすぐに要求してくる。のどを潤せば元の体重にすぐ戻る。
そもそも人間の体はそんな簡単にやせるような構造はしていない。
目先の2-3キロの減量というのであれば我慢で何とかなるかも。でもそれは続かない。
1キロ痩せるには 7,000-7,200 kcal の消費 が必要なのだ。
この数字がどんなものか。あくまでおれの身長、体重、体組成で言うとという例だが、参考にしてみてほしい。

< ランの場合 >
3.2キロを13分かけて走って 215 kcal
10キロを1時間かけて走って 543 kcal
15キロを1時間15分かけて走って 949 kcal
30キロを2時間半かけて走って 2,120 kcal
40キロを4時間かけて走って 2,930 kcal

< バイクの場合 >
5キロを14分かけて走って 149 kcal
10キロを50分かけて走って 381 kcal
22キロを1時間かけて走って 656 kcal
28キロを1時間10分かけて走って 824 kcal
45キロを1時間45分かけて走って 1,328 kcal
90キロを2時間40分かけて走って  3,048kcal

Garmin Vivoactiveで計測

ちなみにスイムでいうと2キロを45分かけて泳いでもおれの場合の消費カロリーは361kcalだ。

つまり。
おれの場合は1ヵ月の間にフルマラソンを2回やったとしても1キロすらやせることが出来ない計算である。
さらには、ハーフアイアンマンをやったとしても1キロ減が出来ないのだ。
またフルマラソンやトライアスロンとなると、体を動かす為のエネルギーとなるものを補給しながら競技に臨む。
7,200 kcalというのはそう簡単に到達するものではない。

ただ、人間は何もしないでいるだけでも体温を保ったり、空気を吸ったり、内臓を動かしたり、物事を考えたり、さらには生活活動の移動などでカロリー消費をしている。
このカロリー消費は個人差もあるだろうが成人男性で2,100 kcalほど、成人女性で1,600 kcal ほどとの書物が多い。
この数字は身長、体重、筋肉量、普段の生活レベル、運動をしているかしていないか。でおおいに変わる数字で、参考程度のものと考えていいと思う。
運動量も高く、カロリー消費を促す筋肉量が多い人はこの基礎代謝量も多く3,000 kcal分食事しても痩せていく人だっている。
日頃の運動量が多い人は、食事をする量が増えるのはまた必然。動く分摂取出来るカロリーも増えるのだ。

自身の基礎代謝がどのレベルのものなのか、このカロリーに対する見識はGoogleで専門家たちが山ほど綴っている。
是非ググってみてほしい。

フルマラソンやっても1キロもやせることが出来ないとは・・・。
あれだけの長距離を走って、肉体、心肺、精神を追い込んだのに。そんな・・・。
はっきりいって何ともつらい事実なのだが、ダイエットというのはそんな一過性のものではなく
長い目で見てやることが大事なのだろう。とここ数年7キロ前後の増減を繰り返しているおれは思う。
確かに目先の2,3日後の体重は落とそうと思えば落とせる。
計量前のボクサーや柔道家、格闘家なら、サウナ行って、ランニングして汗かいて、めちゃくちゃ動いて、
食事制限して、水を制限して体を絞る。
体重制限のある競技などを生業としているプロにはこれは有効。でもプロだから出来ること。
一般人がこれをやっても、前述の通り、体が要求する水分や空腹を満たした瞬間、元通りに。
下手したら、体を動かした後に適切な食事や水分の補給を怠ると筋肉が落ちて、逆に代謝の悪い体になる可能性すらある。

日本の夏はもうすぐそこである。
夏に向けて6月、7月に入ってからダイエット頑張ろう。海に行く前に断食しよう。は素人には本当に危険。
やるなら、今から少しずつ。
長い目で見て10キロランを15回頑張ったほうが効果が上がる。
自分の場合は10キロラン、6分ペースで1時間走って543 kcalの消費だ。
このゆっくりペースのラン1時間を1ヶ月に15回やれば 543 kcal x 15回 = 8,145 kcal となる。
7,200 kcalの消費に十分おつりがくる。
2日に1回のペース、もしくはもう少しペースダウンしたとしてもこれを継続して、変な食事の取り方さえしなければ1ヶ月で1キロずつ痩せていく。

1ヶ月1キロのダイエットで(以前のブログで書いた)8月末までに62キロの体重が実現可能となる理論。
その為にも代謝をよくし、汗の出やすい、体が水に慣れ、循環の良い、むくみにくい体にする為にも水を飲むのである。
水分ではなく、水。
コーラ飲んだら、水とその他糖分やらの分解に内臓が動き出すのでね。
ジュースやアルコールなどの水分ではなく、水。
これを1日3ℓ。
ま、アルコールも呑むけどね。
1ヶ月5キロ減のダイエットよりも、自分に甘いからこその継続するダイエットを目指そうと思う。
さぁ、出来るのかおれ。頑張れおれ。
痩せてから書けばよかったとおもった。が、まぁ、これもコミットだ。アップしてしまおう。

未分類
スポンサーリンク
Yoshiki Yamaguchiをフォローする
継続を頑張るブログ

コメント