ダイエット中、チートデイでストレス大解放

ダイエット

ダイエット中、1週間~10日間置きに、ストレスを開放する為の『たまにはいくら食べてもいいんぢゃないの?』という日を設けると、身体的にも精神的にもいい。と思っております。

『ダイエットをしている方』はそもそも食べたい何かを我慢している。普段よりも運動量が多い。など何かしらの制限や活動(運動)をしていると思います。

ダイエットをしている人も、ダイエットに成功した人も好みが大きく変わるわけではなくて、食習慣が変わった。他のモノに置き換えることで満足するようになった。というケースが多いのではないかと思います。

では、それを制限と感じず、そこに到達するにはどうするの?という疑問。今回はそんなストレス解放のお話しです。

好きなものは好き

ダイエットに成功したとて、好みが大きく変わるわけではないので、チョコレートが大好きな人が、痩せたからといって今までの好物が嫌いになるわけではないのです。好きなものは好き。でもそれを食べると良いカロリー摂取が出来ない。糖分過多などの理由から我慢している。という人もいると思います。

同様に鶏のから揚げが大好物の人が、脂質を摂りすぎるからと、鶏のささ身の茹でたのだけたべていたら、そりゃストレスも溜まる。というものです。

味の濃いものや、揚げ物、小麦、ご飯などの糖質は依存性があるものでもあり、そう簡単に気持ちだけで食生活が変わるのであれば、世の中から太った人はいなくなるという話なのです。

当たり前が出来ないから困る

太る食べ物や太る習慣がわかっていながら、それをやめられないから太ってしまう。

あぁ、残業明け、夜中に食べるトンカツはなんとウマいことか。会社での付き合いで飲み屋をはしご。記憶曖昧のまま、そういえば、締めにラーメンも食ったな。とか、自分自身の経験で見ても、ダイエット中に自制心が働かなくなったことは数知れず。

太ると知っているのに、止められない。当たり前のことが出来ないから、これがまた人間の弱いところで、非常に困るのです。

では当たり前のことができないなら、無理に制限を続けるのではなく、定期的に規制を緩めましょうよ。という『チートデイ』、これ最高です。

今までの私自身のダイエットはこんな感じでした。

食べたいものを制限、摂取カロリーも制限(ダイエット中なのだから仕方がない)

体重減につながりモチベーションアップ

何かの拍子にダイエット中やめていたデブの素を食べる

やってしまった。という気持ちと同様に諦めの気持ちがズルズルと・・・

リバウンド

これがよくない。

ドカ食いの翌日に脂肪がつくわけではない

1日くらいドカ食いしてもこのドカ食いが即、脂肪になるか。というとそういうわではありません。食べた分は肝臓や筋肉にグリコーゲンとして溜め込み、体はこの貯金した分を代謝として使います。内臓脂肪よりも優先に消化されるものであり、翌朝の体重はいくらか増えているかもしれませんが、食生活をまた戻せば爆発的に増えることはないし、暴食後もとの食生活に戻せば体重もすぐに戻る。と言い切れます。

次の日もその次の日も食べまくり。なんてことになると肝臓にも筋肉にもグリコーゲン貯蔵のスペースがなくなり、あふれ出た分は脂肪に変えてお腹や二の腕など、日々の活動でさほど邪魔にならない場所へ運ばれていくことになります。

脳をだます

日々のダイエットの中で食習慣を変えることに成功したらダイエットは9割成功したようなもの。でもそう簡単にいかないのがダイエット。長期的に大好きでたまらなかったデブの素を少しずつ他のものに置き換えていく。でも時にストレス解消の為にも好きなモノは好きなのだから食べましょうよ。そして脳みそにも、はい、好きなモノ食べてまっせ。と教えてあげるのががいわゆるチート(だます)デイ(日)です。

体は食事制限をしていくと、『あれ?最近食わへんやん?もしかして一大事なん?』なんてことを考えます。人間も動物ですからね。現代では食べ物はそこかしこにありますが、人類の体内構造は、戦時中の食べ物が手に入りにくかった時期とそう変わりはしません。

いつもよりも食べ物が少なくなってきたら、体はどうするか?自分の身を守る為に代謝を下げます。つまり食べ物が少なくても耐えられる構造に変えようとします。食べ物摂取量が減った分を代謝を下げて乗り切ろうとするのです。

だからダイエット中に停滞期なるものが発生する。では、この先どうする。さらに食べ物を少なくする?

そんなことしてたら、日々の活動に問題がでます。そこで自分の脳をだます必要が出てくるのです。繰り返しますが、これが、チート(だます)デイ(日)です。

何でも好きなもの食べてもいいか。というとそれはやはり・・・

だからといってポテチ食べまくりとか、ファーストフードでお腹を満たすなんていうのは考え物です。食べるものも多少は考えたほうがいいとは思っています。でも、でも、でもでもでも、ストレスとを下げるという意味では最初は多少はいいのでは?とも思います。1週間~10日置きにチートデイをいれていくのであれば、このチートデイも長い付き合いになります。チートデイも少しずつ変えていけばいいんです。

ダイエットは1日にしてならず

ダイエットは長い道のりで、1日どころか、1ヶ月や2カ月で体重を落としたとしてもその先に待っているのはリバウンド。短期決戦ほどもろいものになると思います。鋼の精神力で欲を抑え込んでも、それを一生続けられますか?という話です。

一気に何かを変えるのではなく、多少の制限はしつつもたまにはストレス発散をすることで、また翌日から継続を頑張ろう作戦です。

そういう君も継続しなさいョ!とオケツを蹴り上げて頂けませんか?
こちらを押すと蹴り上がります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント