3時間ラン

先日のSri Chinomyの15キロランのあと実は右足のスネの内側の筋肉が痛くなっていた。
痛いといっても歩くのには何ら支障はない。走りだすと少しずつ痛くなっていき、うーん・・・となるのだ。
それでも立ち止まるほどではないのだが・・・。
ミスターサブスリーに相談したら2,3日はおとなしくしておいたほうがいいと言う。
チョビ胸毛まことさんはそれはシンスプリントなる負傷の可能性があると言う。
なので、昨日4月10日は完全休息の日と決め、家から出ないことを決めた。
どうせ、妻、息子は日本に行っていて不在だ。
何をやっているの???とやっかまれることもない。
買い物も行かない。家にあるもので何とかしてしのぐ。と決めた。
なのでこの日歩いた歩数なんと482。ほぼ動かなかったのだ。
家で仕事をし、のそのそと動いては冷蔵庫にあるものを漁るという、引きこもり状態。
冷蔵庫には冷凍のフライドポテトとチキンナゲット。そして食糧庫に日本で買ってきたラ王。
あとはオートミールと赤ワインで過ごすというなんとも怠惰な一日。
でもしょうがない。足を使わない日と決めたのだ。
そしてびっくり。その日の朝、65.1キロだった体重が、今朝は67.1キロになるという
1日2キロ増しの離れ業をやって成し遂げた。
はー・・・・。ここまで何度リバウンドを繰り返したかわからない。
ただ、何とも自堕落な1日であったがため、しょうがない。この分は取り返そう。

そして本日思い立ったのが3時間ラン。
ゆっくりペースだが3時間ずっと走るというもの。
ここ最近ではここまでの長距離は走っていなかったが、体重は少しずつ落ちてきている。(リバウンドしたが・・・)
昨日は完全ひきこもり状態であったが、今日は違う。
やろうじゃないの。とほぼ真っ暗状態の18:30からスタート。

右足のスネは痛くない。
ゆっくりペースというのもあるのだろうが、昨日の足休めという名のひきこもりがよかったのだろうか?
5:45/kmほどのペースで進んでいく。
1時間25分を過ぎたところで15キロを走っていた。
足もいける。心配的にも疲れていない。
走っていった方面には駅があり、『 最悪電車に乗って帰るの術 』も考えていたのだが、
そこから折り返し。覚悟を決め、自分の足で戻ることにした。

折り返した頃はまだよかったが、人間いつかは疲労が襲ってくる。
それが折り返して5キロほどいったところであった。
また折り返して駅まで行ってもよかったが、ここで止めたら今後もズルズルとトレーニングに妥協を許しそうな気がして、自分にカツをいれる。
3時間を走りきるまでまだ1時間以上ある。
6分ペースで走って、あと11-12キロほど走るだろう。と試算。何とも長いではないか。
あまり距離や時間を考えないようにして淡々と足を進める。
明らかに途中腰落ちランになっていた。無理やり矯正しながら踏ん張る。

最後はなんじゃこら。という走り方で、無理やりペースを上げ、ぎりぎりのところで何とか3時間をやりきった。ほんとギリ。

家から持っていったペットボトルはおれの苦しみを一身に受け、ぺちゃんこになっていた。

IMG_0490

こんな練習もしていくと持久力がついていくのだろうな。
短時間追い込み練と合わせて、時間のある時には導入してみよう。
またどこかでやる。たぶん・・・。
今回やらなかったが、補給の練習もすべきだろうね。長距離の時は。

実走距離   31.47km
実走時間   3:00:04
ペース    5:43/km
平均心拍   141/bpm

さぁ、ビール飲も!

コメント