水がデブ値を下げる

ダイエット
Photo by Pixabay on Pexels.com

水、意識して摂取中。

というのも体質を改善したいからなのです。人間の体の水分は年齢にもよりますが大半が水分です。産まれたての赤ちゃんの水分量というのは9割にもなるとのこと。
そこから年をとるにつれ水分量というのは減っていきますが、私の年齢(43歳)であれば6割ほど、もしくは人によってはそれ以上が水分となるのが一般的なようです。70歳を超えてくると5割程度になる人もいて、年齢を重ねるにつれ体の水分が減っていく傾向にあります。
体にとって水がどれだけ大事かというのを再考し、意識して上から水をいれてデトックスしながら体を動かして、カロリー消費して、ダイエットしていこうという考えでいるのです。

今朝の体重は67.3㎏。1リットル=1キロという単純計算をすると体重67.3㎏のうち実に40㎏以上が水分ということになります。
長距離ランをした後、走る前よりも体重が1㎏痩せた!サウナにこもって600g体重が落ちた!
となってもこの体重減はただ体内の水分が減少しただけ。脂肪がそこまですぐに燃焼されて体重の増減に現れることはない。と思われます。
私で言えば約40リットルの体内の水分がランニングして39リットルになってその分表示される数字が減っただけ。1~2リットルもの水分が外に出たのであれば、この時点で脱水症状です。脳は体を正常に保つ為にもすぐに水を要求してきます。のどを潤せば残念ながら元の体重にすぐ戻ります。
そもそも人間の体はそんな簡単にやせるような構造はしていないのです。目先の2㎏や3kgの減量というのであれば我慢で何とかなるかも。でもその我慢を続けられる人はいません。

1kgの脂肪を燃焼させるのに必要な消費カロリーは実に7,200kcal。この数字がどんなものか。あくまで私の身長、体重、体組成で言うとという例ですが、以下参考にしてみて下さい。

< ランの場合の消費カロリー >
3.2kmを13分かけて走って 215 kcal
10kmを1時間かけて走って 543 kcal
15kmを1時間15分かけて走って 949 kcal
30kmを2時間半かけて走って 2,120 kcal
40kmを4時間かけて走って 2,930 kcal

< バイクの場合の消費カロリー >
5km14分かけて乗って 149 kcal
10kmを50分かけて乗って 381 kcal
22kmを1時間かけて乗って 656 kcal
28kmを1時間10分かけて乗って 824 kcal
45kmを1時間45分かけて乗って 1,328 kcal
90kmを2時間40分かけて乗って 3,048 kcal

Garminで計測

ちなみにスイムでいうと2㎞を45分かけて泳いで消費カロリーは361kcal。

つまり。
私の場合でいうと、1ヶ月の間にフルマラソンを2回やったとしても体重1㎏すら減らすことが出来ない計算になります。(ハーフアイアンマンをやったとしても1キロ減が出来ない。)
またフルマラソンやトライアスロンとなると、体を動かす為のエネルギーとなるものを補給しながら競技に臨みます。7,200 kcalという数字を活動代謝だけで到達させるのはなかなか大変なのがお分かり頂けるかと思います。

一方で人間は何もしないで寝ているだけでも体温を保ったり、空気を吸ったり、内臓を動かしたり、脳を使って物事を考えたりします。さらには生活活動での移動などもあり、通学、通勤、お買い物、お手洗い、ランチ、ディナー、お散歩、お料理などなど・・・これら生活レベルでも体を動かしてカロリー消費をしています。
このカロリー消費は個人の基礎代謝や生活のレベルに応じて差がありますが基礎代謝、生活での代謝を合わせて成人男性で2,100 kcalほど、成人女性で1,600 kcal ほどとの書物が多いようです。
この数字は身長、体重、筋肉量、普段の生活レベル、仕事内容、運動をしているかしていないか。などの要因でおおいに変わる数字で、参考程度のものと考えて下さい。
運動量も多く、カロリー消費を促す筋肉量が多い人はこの基礎代謝量も多く3,000kcal分食事しても痩せていく人だっています。日頃の運動量が多い人は、食事をする量が増えるのもまた必然。動く分摂取出来るカロリーも増えることになります。

自身の基礎代謝がどのレベルのものなのか、以前記事にもしましたが、このカロリーに対する見識はGoogleで専門家たちが山ほど綴っているので、是非ググってみて下さい。

非常に簡単なものですが、以前こんなのも書いています。食べても太らない限度の見極め

フルマラソンやっても1キロも痩せることが出来ないというのもまたショッキングな話です・・・。あれだけの長距離を走って、肉体、心肺、精神を追い込んだのに。そんな・・・。はっきりいって何ともつらい事実ですが、ダイエットというのはそんな一過性のものではなく長い目で見てやることが大事なのでしょうね。そして、さらにいうと食べるものが何より大事。

確かに目先の2,3日後の体重は落とそうと思えば落とせます。計量前のボクサーや柔道家、格闘家なら、サウナ行って、ランニングして汗かいて、めちゃくちゃ動いて、食事制限して、水を制限して体を絞ります。

体重制限のある競技などを生業としているプロにはこれは有効。でもプロだから出来ること。
一般人がこれをやっても、前述の通り、体が要求する水分や空腹を満たした瞬間、元通りに。
下手したら、体を動かした後に適切な食事や水分の補給を怠ると筋肉が落ちて、逆に代謝の悪い体になる可能性すらあるのです。

日本の夏はもうすぐそこ。夏に向けて今からダイエット頑張ろう。海に行く前に断食しよう。は素人には本当に危険。自分がおデブちゃんと感じるなら目の前の今年の夏よりも、来年の夏に向けて今から少しずつというのがおススメです。道のりは長いですが・・・。
私の場合は10㎞ラン、6分ペースで1時間走って543kcalの消費になります。このラン1時間を1ヶ月に15回やれば 543 kcal ×15回 = 8,145 kcal に。単純計算では7,200 kcalの消費に十分おつりがくることになります。2日に1回のペース、もしくはもう少しペースダウンしたとしてもこれを継続して、変な食事の取り方さえしなければ1ヶ月で1㎏ずつ痩せていきます。動く分、お腹がすくのは必然。その分食事量も増えますが、この時の食事の質を大きく間違わなければ1kgとは言わずともゆっくり痩せていきます。

その為にも代謝をよくし、汗の出やすい、体が水に慣れ、循環の良い、むくみにくい体にする為にも水を摂取しています。
疲れた筋肉に栄養素を届けるのも血管の中の血液がその役割を担います。その際、体に水が足りないドロドロ血液では栄養素も届けられないというもの。そして大事なのが水分ではなく、水。コーラ飲んだら、水とその他糖分やらの分解に内臓が動き出します。ジュースやアルコールなどの水分ではなく、水。これを1日3リットルの目安でやっております。
ま、それとは別にアルコールもしっかり呑んでおります。

1ヶ月5㎏減のダイエットよりも、継続するダイエットで頑張ります。

 

もっと頑張りたまえ!と連打してくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント