年内にもオーストリアから日本への出張受入れの可能性

コロナウィルス

長らく続く新型コロナウィルスの影響で、ほとんどの国で国境が閉ざされてしまっている。未だワクチンが出来ない状況で、実態の見えないウィルスを蔓延させない為、また自国民を守る為、事実上鎖国という手を取っている。

世界の端から端まで、飛行機や船を使って簡単に訪問できるようになった昨今、ウィルスにとって仲間を増やすのには最適なものとなったようだ。

現代の医療をもってしても死者が37万人にものぼる。国によって対応は異なるが、施策、対応策などについても反感感情から各国で大規模なデモも起きたりしている。悲しい現実に直面している。

そんな中、こんな記事を見つけたので共有させて頂きたい。日本が年内にも感染者の少ない国からの受け入れを開始する可能性を示唆する記事があった。

政府の発表ではなく、各国各地で感染が広がるようであれば話はいとも簡単になくなるだろうが、明るい兆しともいえる。

昨日(6月1日)朝日新聞から出た情報のようだが、簡単にまとめるとこんな感じ。

  • 年内にビジネスを目的とした『出張』であれば認める
  • 飛行機搭乗前にコロナウィルスにかかっていない証明、及び日本入国時にもテストを受ける必要あり
  • シンガポールはオーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、韓国へ『観光再開プラン』を提示
  • オーストラリアとニュージーランド間の国境は9月にもオープンの見通し
  • 準備段階として州の代表との話し合い、現在行われている14日間の隔離を取り払う必要あり。

参考記事:https://www.executivetraveller.com/news/australia-japan-travel-could-restart-this-year

訳に誤りがあった場合は申し訳ないが、おおよそこんな感じ。

まだまだ先は長いがゆっくりと前に動き始めている。日本もオーストラリアも他の国も少しずつ前進中だ。

いつか近いうちにこのメルボルン空港がいつものように戻るのを心待ちにしている。待機中の飛行機たちの出番も、もうすぐそこ。

705a1da3-94a0-49b1-b2e8-0320dee2f204

皆様、緩和策と同時に各地でまた感染報告が増えています。
どうか、どうかご自身の感染、さらには感染源にならないようお気をつけ下さい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント