豪/メルボルン 災害事態宣言継続

コロナウィルス

災害事態宣言延長

現在オーストラリア、メルボルンでは非常事態宣言を上回る、災害事態宣言中。これは10月11日まで続きます。

コロナウィルスの感染拡大を受けてのことですが、当初は8月3日(月)から6週間、9月13日(日)までの予定であったものが、さらに2週間延長。若干の緩和はあるものの、ほぼ内容の変わらない施策に各地でデモ隊と治安部隊がぶつかり合う状況になっています。

報道では半ば行き過ぎているのでは?という逮捕劇も放送されており、見ているこちらが痛々しい状況に。

とはいえ、集まってもしょうがないですからね。オーストラリアが国民にウィルスの耐性をつける為にも制限はしない。という考えであればいいのでしょうけど、今のところは感染を抑えましょう。という考え方。

コロナウィルスなんて世界中を巻き込んだ大規模なウィルスは私からみた親世代も、祖父母の世代すらも経験していない疫病。何が正しいかなんてわかるのはきっと数年後。今は自分の住んでいる国のトップの指示に従うのが治安維持に一役買うと思っています。

その国の首相が「経済優先」とすればそうなるだろうし、「ウィルス拡散阻止。家から出るな」となればそうすべき。あの国はこうなのに。などと言い始めるとキリがないのでね・・・。

今のオーストラリアや、州の考え方でいくと、人を集めて街中でデモ行進すればそりゃ治安部隊とぶつかるのも必然。

今後の規制緩和

9月13日までは1日1回、エクササイズ目的で最大1時間の外出が認められていました。これが本日9月14日以降、最大2時間に規制緩和となります。ほとんどの人の感情としては「なんだ?その程度の規制緩和は?」というところなのでしょうけど・・・。

現在はステージ4という厳しめのロックダウン施策中。本日以降もそれは続くものの、その他こんな感じでいくらか制限緩和が発表されました。

【門限】
20時~5時の間、条件を満たしていない外出禁止 → 21時~5時外出禁止(1時間分緩和)

【自宅訪問】
友人宅、親家族、兄弟家族含め訪問禁止 → 1人暮らしや1人親家庭の場合、指定する客1名のみ自宅に招待可能

【エクササイズ】
1日1回、最大1時間まで(基本1名/自身の子供は別) → 1日2回、合計2時間まで(他1名との交流許可)

【公園、屋外運動施設】
一切利用禁止 → 利用可

【図書館】
一切利用禁止 → ネットで予約後、図書館で受け取り・返却が可能。

小春日和のメルボルン

昨日は天候もよく、春を迎えようとしているメルボルンではこの人出。まだ風は冷たいものの、強い陽射しがあった為、水着になっている人もチラホラ。

13 Sep 2020 St Kilda Beach

今はとりあえずしょうがない。厳しい施策ですが、もう少しの辛抱だと思って更なる規制緩和が進むのを待ちます。

皆様引き続きお気をつけ下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント