花粉飛散中

雑記

メルボルンマラソンまであと3日。ここメルボルンはここのところめっきり春らしくなり、様々な木々の新芽が芽吹き、花々が咲き乱れる。花をみて、あーかわいらしい。とかきれいだなという感情もあるにはあるのだが、それ以上に花粉が怖い。というのも3年ほど前から急に花粉症を患うようになり、何かの植物に対して、耐性が弱くなっていると思われる。まぁ、おじさんなので、どこか弱っていて、その弱いところをつつかれても何も出来ない状態なのである。今年も間もなく目と鼻が大変なことになる。もうどうしようもない。春はうれしいが、同時に何かがおこるものだ。と納得することにする。

今年のメルボルンマラソンのウェブサイトに『花粉症に打ち勝つ6つの方法』的なものが掲載されていた。その内容はこんな感じ。

1.ランニング前にシャワーを浴び、きれいなトレーニングギアを着用
2.たくさん食べる(ビタミンCが含まれるブロッコリーや、ケールなどが有効)
3.サングラスなどのアイウェアで目を保護
4.帽子で髪の毛に飛散する花粉を防護
5.草木が多いエリアに行かない
6.ランニング後シャワーを浴びて体、髪の毛についた花粉を流す。

大まかなモノだが、こんな感じ。
この記事の信憑性がどこまでのものか何とも言えないし、ふーん。という程度の感じのものに思えたのが最初の印象。花粉症を患っているアスリートの人はもっと色々な対策をしていることだろう。
屋内にいてもトレーニング出来ることもあるだろうけど、冬が明けて、春を感じることが出来る季節が来ているのである。外に出たくなるというもの。そこでパッと目に入った記事を読んだのだが、花粉症、初心者のおれはというと2番と6番しかやってない。たくさん食べるし、汗かいたあとはシャワーを浴びる。でも走る前にシャワー浴びるなんて、やってられない。ただでさえ、隙間時間を練りだして走りに行くのに、ラン前にシャワーはない。
走っている時にサングラスなどのアイウェアはつけない。汗かいたら鼻からずり落ちてくるし・・・。
帽子もほとんどかぶらない。長距離ランの時に汗対策でサンバイザーかぶるくらい。
草木が多いエリアじゃないと交通量が多くて、危ないし。そもそも排気ガス臭いし。
こんなこと言っているから花粉症に悩まされるのかね??練習時も帽子とアイウェアくらいは必要かね?2番のしっかり食べるは生まれてからここまでしっかり継続中。

こんな記事を読んでこんなことを内心でつぶやきながら、少しは対策しようと考える。
そして、軽く体をほぐしに、オフィスを中抜け。草木が咲き乱れるカールトン庭園に走りに行った。

IMG_1450

気持ちよくランニングして、フルマラソン前のトレーニングはこれにて終了。あとは、当日なるようになる。当日悶絶しよう。
日本にも入っている木だが、赤い花をつけるブラシの木が今満開になっている。

IMG_1419

IMG_1420

ボトルブラシに似ているからブラシの木。安易な名前だが、そこかしこに咲き乱れて同時期にたくさんの花をつけるので、見栄えする。この木の花粉にはアレルギーはない。多分。

さぁ、花粉対策とメルボルンマラソンを頑張ろうと思う。

雑記
スポンサーリンク
Yoshiki Yamaguchiをフォローする
継続を頑張るブログ

コメント