トレイルラン用のシューズ

エクササイズ

トレイルランなるものに少し興味を持っている。今までやってきたランニングでは基本的にコンクリートの上を走ってきた。

多少のアップダウンもあるものの、目の前に現れる道が突然辺鄙な道へと変貌したりしたことはない。

特に変化のない、整備された道を進んでいくのだから、自分自身でのコントロールもより求められる。

それがまた面白くもあり、自分の実力をコントロールしていないと結果が出ない所以であるともいえる。

そんな中Youtubeを見ていると、山の中をGo Proを持って走っている人がいた。

いわゆるトレイルランというものを自撮りしていたのだが、迫ってくる道が相当に変化に富んでいて走りにくそうだ。

でもその人はその地形を敢えて利用しているかの如く、跳ねるように次々と障害を越えていく。

前からこのトレイルランという競技は知ってはいたものの、また興味はあったものの、参戦には至っていないという状況だった。

だが、今週末の話。知人からトレイルランに誘われた。これは行かねばなるまい。

今月は走り込みも全然出来ていないが、距離はハーフだという。

通常のマラソンでいうハーフの距離とは全く異なる競技だとは思うが、まずは体験してみたい。

調べてみると色々と装備も異なるようだが、トレイルランの初心者としてはまずはトレイルラン用のシューズからだろ。と購入を試みる。

ここ最近では足元はOnというメーカーにすっかりお世話になっている。

トレイルラン用のシューズが出ていたことを思い出し、早速ウェブサイトへ。

今一つどのようなシューズがいいのかもわからない中、これでは?という外見で決めたものをウェブサイトで購入すると、サイトが別のリンク先へ飛ぶ。

これは日本のサイトを見ていたから起こったようだった。

住まいが日本でない場合は発送元も異なるようで、『そちらのサイトに飛びます。もう1度入力しなおしてください。』というようなニュアンスのポップアップが出る。

はいはい、わかりました。と進もうとするが、なぜかお目当てのカラーのものが出てこない。

こちらのサイトでは仕入れが異なるのか、条件が異なるのか、『これは何ぞや?』とウェブサイトに記載のメールアドレスに問合せを送る。

日本の問合せ先にメールを送ったのだが、返信が来たのはオーストラリアからだった。

Allyaという人が対応してくれたのだが、それはそれは親切、丁寧な対応だった。

おれが購入しようとしていたのは女性用のモデルであった為、普段のサイズよりもUSサイズで1.5ほど大きなものにしたほうがいいこと。

また足の幅、嵩は男性よりも狭く感じるであろうこと。

今ウェブサイトに出ているのでは新モデルだが、旧モデルもお値打ち価格で出ているよ。ということだった。

その他、色々なやり取りをメールで重ねて、当初購入しようとしていたモデルからプランを変更し、別の旧モデルものへ。

まぁ、旧モデルに余りがあったので、それを売りたかったのでは?と言われてしまえばそれまでだが、様々な選択肢を与えてくれた上でのものだったので、満足している。

結局勧められたものへと変更。

2日後に届いたそれは、ベストサイズだった。

アドバイス聞いていなかったら、小さいサイズを買ってたな・・・。助かった。

この時期限定のサービスでつくOn Packもしっかりと頂いた。

今週末、新しい相棒と共に、トレイルランで悶絶してこようと思う。

img_2589-1.jpg

大丈夫なん?その体重で??と一押し願います。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント