タイを釣るっ!

雑記

釣り素人一家が桟橋に釣りに行き、1匹釣りあげただけで、いとも簡単に釣りにハマりつつある、単純な我が家族。

息子の誕生日が近かったこともあり、勢いとノリでボートでのフィッシングを申し込む。というか申し込まれていた。

釣り初心者とはいえ、船に乗って釣りに出かけるとは、何とも楽しい行事ではないか!

当日は早朝3時起きという何とも過酷な起床時間であったが、目覚ましよりも先に起きるという、遠足前の園児のような心持ちであったようだ。

本人は浮かれまいと平静を装うもそうではなかったらしい。

この日の早朝の気温は5度。なかなかの凍てつく秋の朝だ。

息子の友人のベトナム系オーストラリア人、オスカーとその母も一緒に参加するとのことで、港まで一緒に車で向かう。

そして、ここがそのボートの出発する港。

暗くてよく見えないが、25人くらいは乗れるボートらしい。

ファンキーなドレッドヘアーのデービッドが迎えに来てくれる。オージー流挨拶を軽く交わし、乗船。

IMG_2078

IMG_2086

白波をたてて、船は動き出したものの・・・。

IMG_2082

寒すぎ・・・。

IMG_2084

ほんでもって・・・

IMG_2088

30分ほどして・・・

IMG_2094

ワイルドマンが動き出す。

IMG_2098

着々と竿に餌をつけ・・・

IMG_2096

ポイントに着いたら、簡単な説明。

IMG_2102

太陽が昇ったころに・・・

IMG_2104

はい、スタート!

海底まで7-8メートルくらい。

海底まで糸を落としたら、そのまま待機。反応があったら、巻く。といういとも簡単なもの。

そして、これが釣れるわ、釣れるわ。入れたらすぐに反応あり。

タイが面白いように釣れる。ただ、問題なのは州法により28センチ未満のタイは持ち帰ることが出来ないということ。

入れ食い状態なのだが、上がってくるのは小物ばかり。

それでも楽しいのだが、イワシの切り身やらこんなイカの凍ったのつけて、

IMG_2111

釣れたタイを外しては、海に返す。をしていたら、電子機器をさわれる状態でもなく、肝心のタイを全く撮っとらん・・・。

面白いように釣れるのだが、こちらとしては持ち帰りたい。釣り代金は戻って来なくとも、釣った魚を持ち帰ることで少しでもお得感を味わいたい。という強い気持ちが釣り糸を通して魚にも伝わるものなのか・・・28センチ超えの反応はなし。

IMG_2115

レーダーを見ながら何度かポイントを移動。

IMG_2118

そして釣り糸を垂らすも・・・。

IMG_2123

ターイムアーップ!

はい、釣果ゼロ。

IMG_2125

この時に参加した全釣り人で釣れた28センチ超えのタイは3匹。

この時に乗船していた子供たちが集められ、この会社の宣伝に使われるであろう写真を撮り、港へ舞い戻る。

ま、我々も写真だけでも撮っとくか?

IMG_2129

港に戻るとワイルドオージーによる超粗い鱗取りと内臓取り。

そして港の海水でばしゃばしゃと洗い、釣りあげた人に、はいどうぞ。となる。

IMG_2137

取り出した内臓をポイポイ港に投げるもんで、こんなんも寄ってくる。

IMG_2142

ま、釣果はなかったけど、楽しい経験ではあったな。

しかし寒かった。真冬は寒すぎてボートは出ないらしい。

そして、10~11月がでかいのが釣れるぜ!とのこと。

また春にリベンジだな。

IMG_2144

雑記
スポンサーリンク
Yoshiki Yamaguchiをフォローする
継続を頑張るブログ

コメント